沖縄・那覇の交通事故 弁護士相談「おもろまち法律事務所」死亡事故、高次脳機能障害、脊髄損傷、CRPS、RSD、遷延性意識障害、脊椎圧迫骨折など

おもろまち法律事務所

交通事故被害の無料相談実施中

  1. トップ
  2. 交通事故相談

弁護士に依頼するメリット

賠償金額のアップ

任意保険会社から提示される賠償金額は、多くの場合、裁判所の基準よりも低いのが現状です。

弁護士が交渉することで、慰謝料や逸失利益などについて裁判基準に近い賠償金額を得ることができます。

場合によっては訴訟を提起して裁判基準での高い賠償金を獲得します。

裁判例などを踏まえて、提示された賠償金が適正な金額になっているかどうかをチェックすることが肝心です。慰謝料や逸失利益などに注意しましょう。特に、後遺症が残った場合、後遺障害の慰謝料は高額になることがあります。逸失利益も同様です。

弁護士が被害者の代理人として代理交渉することで、裁判例を踏まえた金額に近づけることが可能となります。

おもろまち法律事務所では、弁護士が代理交渉することで賠償金の増額を目指します。


後遺障害の認定

後遺障害が残ると、専門機関で審査され、14級から1級の範囲で後遺障害等級が認定されます。

不適切な等級が認定されないよう、弁護士が後遺障害の申請をサポートします。

いったん不適切な等級が認定された場合であっても、弁護士が異議申立てを行い、等級のアップを目指します。特に、頭部外傷後の高次脳機能障害では、慎重な検査が求められます。むちうちのケースでも症状が重篤なときは、MRI検査が重要となります。

等級がアップすれば、後遺障害慰謝料や逸失利益が大幅にアップし、賠償金額がアップします。逆に、後遺症が残っていたとしても、等級の認定を受けないと、後遺障害がないものとして扱われてしまいます。

おもろまち法律事務所では、弁護士が後遺障害の認定手続きを代理し、適切な等級認定を目指します。

弁護士費用が保険から出る場合

弁護士費用が保険からでる制度をご存知でしょうか?

交通事故で怪我をしたときは、ご自身が加入されている自動車保険を確認してみてください。
「弁護士特約」がついていれば、ご自身の自動車保険から弁護士を依頼した場合の弁護士費用が出ます。

カバーされる上限も「300万円や500万円」とされていることが多いので
実質負担なし」で弁護士に依頼できます。
また、ご家族の自動車保険も確認してみてください。
ご家族の自動車保険の弁護士特約が使えることもあります。

さらに、ご自宅にかけている「火災保険」に弁護士特約がついていることもあります。
是非確認してみてください。

相談・依頼のタイミング

交通事故案件について、相談や依頼のタイミングは?

相談は、早ければ早いほうがよいです。
というのは、弁護士としては、事故直後からアドバイスできることがあるからです。

例えば、むちうちのケースでは、事故直後から適切な方法での治療を受けておかないと万が一後遺症が残ったときに適正な後遺障害の認定を受けられなくなってしまうことがあります。
したがって、事故直後からご相談ください。交通事故相談(物損のみを除く)は、被害状況に応じて無料相談を実施しています。
ですので、事故直後の方も気軽に法律相談をご利用できます。
相談をご利用いただくことで、早い段階で不安を和らげることができると思います。
また、すでに治療が終わり症状固定となった方も遅くはありません。
賠償問題について弁護士からアドバイスできることがあります。保険会社と和解をする前にご相談ください。

後遺障害とは

後遺障害とは
「後遺症」と「後遺障害」とは厳密には意味が異なります。

医師に「後遺症が残った。」と診断されたとしても、当然には、後遺障害とはなりません。

後遺障害となるには、審査機関の認定を受けなければなりません。

認定が受けられなければ、一般的に、後遺障害の慰謝料や逸失利益が賠償されないのです。

後遺障害の認定では、必ずしも適正な認定がなされるとは限りません。審査は原則書面審査なので、必要な資料がそろっていないと、実際よりも低い等級が認定されてしまうこともあります。

後遺障害の認定に詳しい弁護士に相談し、適正な賠償金を受け取れるよう注意しましょう。

交通事故被害者の方へ

おもろまち法律事務所は交通事故案件に特化した法律事務所です。
交通事故の賠償金は弁護士が交渉することで大幅に増加することがあります。
人身事故被害の被害状況に応じて、無料相談を実施していますので、是非ご利用ください。

事故直後の方、症状固定前の方へ

困っている女性

保険会社の対応にお困りの方

後遺障害が不安な方

今後の見通しが不安な方

重度のけがの方


後遺障害の認定手続きをご存知でしょうか?
後遺障害が残る場合、専門機関の審査・認定を受けなければなりません。この審査は、原則、書面審査です。したがって、十分な資料が提出されないと、実際よりも軽い認定になってしまうことがあります。軽い認定になれば、その分、賠償金の額も低くなります。
十分な資料をそろえるには、事故直後から注意すべきことがあります。よって、事故「直後」から弁護士に相談をしてアドバイスを受けることをおすすめします。

弁護士への相談は、早ければ早い方がよいといえます。
事故直後から注意していただきたいポイントがあるからです。おもろまち法律事務所では、事故直後、早い段階からアドバイスを実施しています。今後の見通しを知っていただくことで少しでも不安の解消につながることを願っています。最終的な賠償金にも影響することがありますので、ぜひ、早い段階でご相談ください。


症状固定後の方へ

賠償金の金額は適正ですか?

弁護士に依頼することで賠償金がアップすることがあります。
実は、保険会社から提示される賠償金額は、必ずしも適正な金額とは限りません。
弁護士を頼んでいない場合、賠償金は、裁判所の基準よりも低い場合が多いのです。
提示され賠償金は、本当に適正な金額でしょうか。提示された賠償金の額について、適正な金額かどうか、弁護士に相談してください。弁護士が代理交渉した結果1000万円以上アップしたケースもあります。賠償金額のチェックはすぐにできますので、専門の弁護士による法律相談をご利用ください。

提示金額で和解をする前に、まずは専門の弁護士に一度相談することをお勧めします。


お問い合わせ

症例別


事故直後(症状固定前)からのサポートが可能

弁護士に相談したら『後遺障害の認定を受けてから来てください。』と言われたということはよく聞きます。多くの弁護士は、後遺障害認定後の賠償請求しか扱っていないからです。

しかし、賠償問題の観点からみても、事故直後から気を付けてほしいことがあります。したがって、おもろまち法律事務所では、事故直後(症状固定前)からご相談いただくことをお勧めしています。

実際、事故直後からのご相談を多数いただいております。また、必要に応じて事故直後からご依頼をいただき保険会社との交渉を積極的に実施しています。

交通事故案件の豊富な経験

高次脳機能障害、びまん性軸索損傷、脳挫傷、CRPS(RSD 反射性交感神経性ジストロフィ)、脊椎圧迫骨折、むちうち、関節可動域制限、脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)、尺骨神経麻痺、などなど、様々な症例についてご相談やご依頼をいただいています。

交通事故の分野は、弁護士の業務の中でも、特殊な分野のひとつです。おもろまち法律事務所では交通事故案件を集中してご相談・ご依頼いただくことで、多くのノウハウを蓄積して、より質の高いサービスを提供することをめざしています。

重度後遺障害のケースにも対応

高次脳機能障害、びまん性軸索損傷、遷延性意識障害、脊髄損傷、脊椎圧迫骨折などの重度後遺障害にも対応しています。介護状態になってしまったケースなどでは、将来介護費用、自宅改造費用など特別な問題が発生します。

弁護士自らが丁寧に対応します

疑問点などがあれば、弁護士自らが丁寧に説明します。
法律事務所によっては、多くの場面で事務員が対応し、依頼者が弁護士と直接話す機会を確保しにくい法律事務所もあります。おもろまち法律事務所では、そのようなことがないよう、弁護士自らが丁寧に対応するよう心掛けています。

お問い合わせ
無料相談実施中

事務所概要

おもろまち法律事務所

〒900-0006
那覇市おもろまち4-17-25
T&C新都心ヒルズ804号
TEL:050-1498-7556
FAX:098-963-9761
omoromachi2013@ybb.ne.jp
駐車場のご案内

お問い合わせ・ご予約
交通事故被害者の方へ

交通事故相談実績

高次脳機能障害
脊髄損傷
せき椎骨折
化膿性脊髄炎
死亡事故
遷延性意識障害
びまん性軸索損傷
CRPS(RSD)
じん帯損傷
むちうち
外傷性頸部症候群
バレーリュー症候群
難聴
外貌醜状
関節可動域制限
頸椎捻挫
腰椎捻挫
各種骨折
賠償金の増額実績あり