おもろまち法律事務所

交通事故被害の無料相談実施中 お問い合わせ・ご予約 電話

  1. トップ
  2. 交通事故被害者の方へ(症状別)

症状別

骨折

骨折した場合の後遺障害は?

関節を構成する骨を骨折した場合、関節可動域制限の後遺障害が残ることがあります。関節可動域制限というのは、関節が曲がりにくくなった状態のことです。脊椎を骨折した場合は、変形障害が残ることがあります。変形障害とは、骨に変形が残った状態のことです。骨癒合に不整合が残ると、神経系統の後遺障害が残ることがあります。このように、骨折するといろいろなパターンの後遺障害が残ります。ケースによって後遺障害の種類が変わってきます。 後遺障害の種類は、賠償問題にも影響します。したがって、後遺障害の種類に応じた適切な対応が重要です。交通事故で骨折した場合、是非、専門の弁護士にご相談ください。


お問い合わせ

事務所概要

おもろまち法律事務所

〒900-0006
那覇市おもろまち4-17-25
T&C新都心ヒルズ804号
TEL:050-1498-7556
FAX:098-963-9761
omoromachi2013@ybb.ne.jp
駐車場のご案内

お問い合わせ・ご予約
交通事故被害者の方へ